ムシ歯予防法が取材に

平成21年1月 福岡の女性情報誌「アバンティー」がはんだ歯科に取材に訪れ2月号に掲載される事になりました。記事の内容は下記の通りです。

  定期的に検診を受けているにも関わらず虫歯に悩まされている人は意外に多く、中には受診のたびに虫歯が見つかる人もいるほどです。そうなると、患者さんも 安心して自分の歯をまかせられないという気持ちが芽生えてしまい、患者さんと歯科医師との間の信頼関係も構築されにくくなります。こういった問題を解決す るためには、虫歯予防の検査が必要です。その一つとして「カリオグラム」という方法があります。これは、唾液検査など数種類の検査によって、患者さんの口 内にどのくらい虫歯予防の能力があるかを算出するもので、全世界に公開されている虫歯予防のプログラムです。虫歯の原因には、食生活や生活習慣など様々な 要因が絡んでいるので、「カリオグラム」を通して虫歯にならないために気をつけるべき事柄を明確にすることができます。
また実は、人は食事をする たびに、ほんのわずかな虫歯を起こしています。食べ物を口に含んだ瞬間、口内の酸が急激に増加するため、ほんの少しずつではありますが歯が溶けているので す。そのわずかな虫歯を修復しているのが唾液です。食事の回数が多かったり、食後すぐ寝てしまうと、唾液が歯を修復する時間が取れず、虫歯が進行します。 また、唾液そのものの分泌が少ないことも、虫歯のリスクを高める要因です。ストレスや一部の薬・サプリメントの服用によって唾液の量が減るという報告事例 もあります。まずは、きちんと虫歯予防できる口内環境を整えることが重要です。   以上