広島歯科医師会国保会館での講演

11月13日、広島歯科医師会国保会館で歯科医師向けの講演を行って来ました。院長は、前福岡ス ポーツマウスガード研究会会長(元顧問)・福岡県歯科医師会学術部員として、スポーツマウスガードの普及・研究活動を行っております。文部科学省の外郭団 体の調査によりますと、ラグビーの高校生以下のマウスガード装着が義務化され、ラグビーでの歯・口腔の損傷が激減した一方で、他のスポーツでは、いまだに 多くの中高校生が歯・口腔の損傷を受けております。この子供たちを守る事が出来るのは、歯科医師しか居りません。今後も、いろいろな機会で話をしていきた いと思っております。